• 『の・ようなもの』予告篇
  • 『の・ようなもの のようなもの』予告篇

人間って、なんておもしろいんだろう。ありふれた若き日の断片を軽妙なタッチでつづる“おかしくてちょっと切ない”青春コメディー!

1981年に公開された、森田芳光監督の伝説の劇場デビュー作。駆け出しの落語家・志ん魚(しんとと)と、客として行ったお店で出会った風俗嬢、そして落語研究会に所属する女子高生との奇妙な三角関係を描いた青春群像劇。

主演の志ん魚役には、当時学生落語コンクールで見つけた伊藤克信をキャスティング。伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんらは今回の『の・ようなもの のようなもの』でも同じ役で登場する。森田監督自ら製作費を調達し、配給会社にプレゼンをしたエピソードも。ヨコハマ映画祭では作品賞と新人監督賞を受賞している。

場面写真

古典落語の修業に励む二ツ目の落語家、志ん魚は23歳の誕生日、初めてソープランドに行く。そこで出会ったソープ嬢エリザベスと惹かれあい、デートを重ねるようになる。

そんなある日、志ん魚は女子高の落研からコーチの依頼を受けた。そして部員の一人、由美とのデートにこぎつけたが、由美の父親の前で一席噺をしたところ、ちっとも面白くないと言われ、大いに傷ついてしまう。

その頃、先輩の落語家志ん米の真打ち昇進が決まる。先輩の昇進を喜ぶと同時に取り残されたような気持ちの志ん魚は、その夜仲間と将来の夢を語り合うのであった・・・。